光輝誕生日会@嫁実家

3連休最終日、フットサル後、光輝の誕生日会を実家で開催。

大好きなマグロ三昧。

近くの角上魚類で大量に買ってきてもらってた。

いつもありがとうございます!

しかし、本人以外はカメラ目線ってのが・・・

食後はケーキ。

これでもかっていうくらい、本人大好きのチョコレート。

おいしかったな~。

最後は、かずぱぱ夫妻も駆けつけてくれて、みんなで記念写真。

最後の写真も、光輝だけカメラ見てない・・・?

みたままつり

今年は7/13~16に開催されている「みたままつり」

一時は出店がなくなり、客足も遠のいていたが数年前だったかな、出店が復活し同様に客足も戻ってきたようだ。

しかしながあら今年の7月は例年になく本格的な梅雨空。

ピークに比べればそんなに混雑はしていなかった。

出店のコスパは良くないけど、なんとも心を動かすものがあるよね。

七海も浴衣に着替え、はりきって家族で楽しめました。

浴衣姿、写真に収めるを忘れてしまった・・・

ソサイチリーグ 千代田

昨年からお邪魔しているソサイチリーグ@千代田

僕たちのチームは子供たちが参加しているFCchiyodaの父兄。

おおよそオーヴァー40なわけで、いつも苦戦する。

しかし今回は若手が3人も参加してくれた。

おかげさまで、2勝1分

やっぱ、勝つと楽しいもんですね!

光輝 9歳 おめでとう!

息子の光輝君、誕生日おめでとう!

元気にたくましく育ってくれていると思います。

サッカーも勉強も楽しくやってください。

楽しくなくなったら、いつでも楽しいことやればいいと思うよ。

まだまだすねちゃうだろうけど、来年の誕生日にはお兄ちゃんになってるね。

フロンターレ VS サガン

子供たちへの記念日プレゼントは品物から体験へ。

昨年の息子の誕生日からそうなり、クリスマスプレゼントも漏れなく相成った。

本人の希望は、サッカー観戦。

本当は今年のGWに本場ヨーロッパのスペインでもって思っていたけど、思った以上に高騰したことや彼のフォローしているバルセロナのカンプ・ノウでの試合はGW最終日とわかり、断念。

そして時は流れ、Jリーグの中でフォローしているチームの川崎フロンターレ。

最近引退宣言をしたトーレス控えるサガン鳥栖との試合。

生憎の雨模様。

メインSS席という素晴らしい席をゲットし、試合を俯瞰しながら見れた。

後でほほえんでるのは、野津さん。

今回は色々と手配ありがとうございました。

こんな雨の中、なんとスタジアムは満席。

と言っても等々力は2万ちょっとなんですね。

さぁいよいよスタート。

前半 0-0

自力からいくとフロンターレ

しかし決定機を欠き引き分けで折り返し

珍しく二人で自撮り。

最終的にも結果はスコアレスドロー

下位チーム相手だったので、こっそり二人で3-1 か3-2でフロンターレ勝利を望んでいた。

失点するのか!ってお叱りをいただきそうだけど、トーレスのシュートが見たかった。

怪我でもしてるのか、ウェイトがあるのか動きに精彩を見れなかったのは残念だが、名前の知らない選手が躍動しているのを見れたのは収穫。

これから上ってくる選手に間違いない!

頑張れ脇坂選手。

では次回はどこの試合を見学しに行こうかな~。

自転車の旅

先日、自転車を購入した。

これで家族で自転車の旅にも行けるし、フットサルに行くとき妻の電動式自転車を借りなくても済む。

早速、娘と息子と3人旅。

それなりに行きましたね。

子供たちに後で確認しても全然疲れなかったらしい。

夏休みには自転車の旅を予定していて、楽しみだな。

まずは途中の国立能楽堂。

ここまで3kmくらいかな。

そして明治神宮。

ここも散歩したいところだね。

近くの代々木オリンピックセンターも行きたい場所に追加だね。

そして激込みだった渋谷

写真では伝わらないけど、外国人の観光スポットになっていた。

そして青山?の銀杏並木。

写真スポット間違いなしですね。

迎賓館の前で記念写真。

今度はお呼ばれされようかな。

誰でもほぼいつでも行けるんですね。

https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/visit/

松山泊

葬儀で宇和島へ。

宇和島のホテルが少なく、松山空港を今回は利用したことから松山で宿泊。

今回のお宿は

ドーミーイン松山

温泉がついていて、朝食も宇和島名物鯛めしをいただけた。

全国に展開しているホテルなので、今度は利用してみたいと思えました。

そして、日本でも数少ないチンチン電車。

調べてみると20もないんですね。

※一部路面電車は含めておりません。

 

路面電車の背景に松山城。

そんな絵が撮りたかったけど、叶わず。

思った以上に都会な松山に興味津々。

じつは私の産まれた場所でもある。

またお邪魔してみよう。

りえおばさん、安らかに

幼少期よりお世話になったりえ叔母さん。

64歳という早すぎるお別れ。

安らかにお休みください。

しかし、苦しみから解放されたと思うと、不謹慎かもしれないがほっとした。

今回は、LCC利用のため成田へ。

東京駅からバスで1000円。

斎場は宇和島駅から20分くらいの緑深い場所。

祖父の時と同じ会場だった。

おじさんが喪主だったが、言葉にならず従兄弟である息子が挨拶を。

それでもやはり、早すぎる死。

彼の詰まる言葉に、僕たちも言い表せない思いが交差した。

合掌