国立武蔵丘陵森林公園

初めての気球体験。

って僕と奥さんは下から観察。

だいぶお腹が大きくなってペンギンみたいな歩き方になっちゃったね。

お盆休みの初日ってこともあり、本当はかなり早朝に起きてこの公園で遊ぶつもりだったんだけど、少し寝坊。

高速は大泉から関越に入るわけだけど、すぐに渋滞30kmが待ち伏せをしていのたで、急きょ下道へ避難。

結局到着時間は変わらずで行けました。

西口駐車場はこのお盆休みのみ、早朝開園をしていたので混雑が予想されましたが、無事入れました。

さらに気球は前日以前の予約制にもかかわらず、キャンセル2名分出たのでドタ参できました!

ラッキー

こんな感じで素敵な午前中を過ごせました。

午後になり灼熱に耐えられず場所を

化石と自然の体験館

な~~にも考えずに入ったら、これまた予約困難なアクティビティらしく、帰宅を覚悟したところ・・・・
ご予約の方ですか???
って、またしてもキャンセルが入ったらしく、これまたドタ参できました。
なんかついてるな!
あっ写真を撮り忘れたが、な、な、なんとオオワニザメの歯の化石を採掘できました。
保存

赤坂阿吽本店@赤坂見附 開店

赤坂阿吽本店がオープンした。

とfacebookを見ていて知った。

入口は菓匠松本 とか書いてそうな和菓子屋さん的な雰囲気。

そして肝心のお味は!

まぁ店主の松本さんのこの笑顔を見ていただければわかるかな。

変わらずおいしいものを提供してくれる。

雰囲気もよく、外国人の接待にも使えそうな感じでした!!!

商売繁盛!

餃子の店 おけ以@飯田橋

子供たちが実家に行っているので、奥さんと二人で子連れでは行きそうにないお店に行ってみた。

飯田橋の餃子で有名なお店らしい。

到着した時間帯では既にお客さんが並んでいた。

17時開店のようなので、その時間帯にいかないと若干並ぶことは覚悟しないとですね。

で、名物の餃子がこれです☝

皮もお手製でもちもちしていて、餡から染み出ているのか甘さを感じます。

外はパリッと、中はホクホクで野菜やお肉の甘さを感じられる一品です。

1人前600円なので、チェーン店よりかは高いですが、コスパ正当です!

他にはタンメンが良く出ていて、オーダーしてみました。

写真を撮り忘れたのが痛い。。。

味はむか~しはこんな感じだったんだろうなってなくらい、自然な味でした。

いわゆる薄味ですね。

餃子の後に食べると余計にそう感じるかもしれません。

餃子とタンメンがメインディッシュのお店ですが、食べる順番は要注意です。

珍来@西川口 焼きそば

奥さんの実家に行った。

以前実家そばに住んでいたころ、よくこの珍来の焼きそばを食べた。

ソース味が濃く、ワーカーに好まれそうな味付け。

子供たちを実家に預けた後、ふとかなり久しぶりに奥さんと訪問。

変わらずの味付けで安心?しました。

たまにこのようなジャンクな食べ物を欲しくなります。

そう、暑さのせいですね。

苔テラリウム

僕自身、苔が大好きなわけだけど、詳しくはない。

神社仏閣などに行ったら、知らずと苔を探し写真におさめるわけです。

さてさて夏休みがスタートしましたね。

子供たちがいろんなイベントに興味を持っていて、そんな中からなかなか渋いイベントをチョイスしてきてくれた!!!

そう苔テラリウム。

写真は我が家と他一家族との共作です。

一人ひとりも小さな作品を作りました。

苔の耐性の強さをレクチャー受け、驚きました。

家に張り巡らせたいくらい。

確実に奥様から反対の声があがるでしょうが・・・

息子と上野デート

三国志展を見終わって、上野公園を散歩。

なんとこんなところに蛇が!!!

すでに力尽きているのか、全く動かない。

びっくりした~。

何でしょうか、信玄公の山車が出ていました。

お祭りでもあるのかな?

お腹が減ったのでお店を散策。

息子は基本、餃子とライスのセットがお好み。

リンガーハットを発見し、二人で着席。

美味しくいただきました。

その後、駅に向かって歩いているとゲームセンターが。

二人の好きなウイニングイレブンをオンライン対戦でやってみました。

息子は1勝1分 僕は0勝1敗

流石に今日は練習から三国志展、上野散策、疲れたみたい。

リュックに入ってるの、重いもんね。

お疲れさまでした。

三国志展

息子のサッカーの練習後、上野まで足を伸ばし、三国志展に行ってきました。

小学生の時に夢中になって読んだ横山先生のこの漫画。

桃園の誓い なんて言葉もこの時に初めて知りました。

また日本以外の歴史に興味を持ったきっかけの一つ。

しかし、日本が卑弥呼の時代、ここまで発展した隣国があったことは驚きですよね。

みんな大好き(なはず・・?)の関羽。

歴将の中で唯一の神になった男

そして日本で流通している「そろばん」の考案者ともいわれています。

後世になりもっと鬚が長く、恰幅がよくなっています。

この写真の作品は15世紀のものらしいです。

 

この像は張飛が関羽に許しを請うているところです。

曹操の一時的配下になった関羽帰還後の話です。

早とちりの張飛も三国志を語るに外せない人物です。

 

これは赤壁の戦いの矢だったか???

でもこんな密度で矢が飛んで来たら、ひとたまりもありませんね。

映画や漫画で槍をグルグルと回して矢を防いでいますが、回す円の中心点、つまり手に矢が当たりそうなもんですけど・・・

 

最後にこの歴史は約1800年前。

その魏国王 曹操の墓から出土したもの。

よくもこう残っているものです。

改めて中国の悠久の歴史に触れることが出来、童心に戻れました。

息子も興味を持ってくれたようで、何よりでした。